WordPressをUbuntu16.04・MariaDB・PHP 7.0 ・nginxのローカル環境にインストール

スポンサーリンク

インストールイメージ

WordPressをできるだけ簡単に仮想ローカル環境に導入することを目指していきます。

nginxのインストール

$ sudo apt-get install nginx

PHP7.0のインストール

$ sudo apt-get install php7.0 php7.0-common php7.0-gd php7.0-fpm php7.0-mysql php7.0-mbstring php7.0-xml

MariaDBのインストール

$ sudo apt-get install mariadb-server

WordPressのインストール

$ cd ~/
$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9.2-ja.tar.gz
$ tar zxvf wordpress-4.9.2-ja.tar.gz
$ sudo mv ~/wordpress /var/www/html/wordpress/
$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/wordpress/
$ sudo chmod -R 755 /var/www/html/wordpress/

nginxの設定

$ sudo nano /etc/nginx/sites-enabled/default

server {
	listen 80 default_server;
	listen [::]:80 default_server;

	# SSL configuration
	#
	# listen 443 ssl default_server;
	# listen [::]:443 ssl default_server;
	#
	# Note: You should disable gzip for SSL traffic.
	# See: https://bugs.debian.org/773332
	#
	# Read up on ssl_ciphers to ensure a secure configuration.
	# See: https://bugs.debian.org/765782
	#
	# Self signed certs generated by the ssl-cert package
	# Don't use them in a production server!
	#
	# include snippets/snakeoil.conf;

	root /var/www/html/wordpress;                           #変更
        client_max_body_size 20M;                        #追記
	# Add index.php to the list if you are using PHP
	index index.html index.php index.htm index.nginx-debian.html;  
                   #↑
	server_name _;     #追記

	location / {
		# First attempt to serve request as file, then
		# as directory, then fall back to displaying a 404.
                # try_files $uri $uri/ =404;             #コメントアウト
                try_files $uri $uri/ /index.php?q=$uri&$args; #追記
	}

	# pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
	#
	 location ~ \.php$ {                            #コメントを外す
		include snippets/fastcgi-php.conf;       #コメントを外す      
	#
	#	# With php7.0-cgi alone:
	#	fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
	#	# With php7.0-fpm:
		fastcgi_pass unix:/run/php/php7.0-fpm.sock; #コメントを外す
	 }                           #コメントを外す 

	# deny access to .htaccess files, if Apache's document root
	# concurs with nginx's one
	#
	#location ~ /\.ht {
	#	deny all;
	#}
}

$ sudo systemctl restart nginx

MariaDBの設定

$ sudo mysql_secure_installation

最初にリターンキーを押し、後は全てyでOK。
Ubuntu16.04のMariaDBちょっとクセがあるようで、以下のスクリプトでrootパスワードを再設定していきます。

$ cd ~/
$ wget https://raw.githubusercontent.com/HimaJyun/Ubuntu16.04-MariaDB-Password-reseter/master/reseter.sh
$ chmod 764 reseter.sh
$ sudo ./reseter.sh

データベースを作成します。

$ mysql -u root -p
MariaDB [(none)]>create database wpdb;
MariaDB [(none)]>grant all on wpdb.* to ‘wpadmin’@’localhost’ identified by ‘password’;
MariaDB [(none)]>exit

これでWordPressで使うデータベースが作成されます。

WordPressの設定

http://(IPアドレス)/index.php

こうすると自動でWordPressの設定ファイルを作成してくれます。

以下の記事を参考にさせてもらいました。
Ubunt 16.04でMariaDBをインストールするとパスワードが変
HimaJyun/Ubuntu16.04-MariaDB-Password-reseter
【WordPress】Ubuntu16.04+Nginx+MariaDBでWordPress(ワードプレス)環境を構築する
推奨構成とデータベースの作成

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク