【続】Wine上のAviUtlでx264guiEx 〜 Ubuntu16.04.4

スポンサーリンク

前回の手法

VirtualBoxのゲストUbuntu16.04  Wine3.0上のAviUtlでx264guiExエンコードを可能にする方法
VirtualBoxのゲスト及び実環境のUbuntu16.04でも、Wine3.0上でAviUtlのx264guiExエンコード動作を確認しました。

で上手くいかない方向けの情報です。

その後

その後リリース前のUbuntu18.04でVirtualBoxの仮想ゲストUbuntu16.04を作った時と、Windows10のLatitude機にUbuntu16.04を仮想でインストールした時に発生した問題です。

問題点

上の手法でインストールしてもx264guiExのインストーラauo_setup.exeで文字化けが発生する点と、音声エンコーダNeroAacEnc.exeがダウンロードできていない問題の2点です。

原因1

文字化けの事象はレジストリが以下のようになっていることが原因だと思われます。

ここで以前にUbuntu18.04で導入したレジストリを見るとこうなっていました。

よってUbuntu18.04で正常にallfontsがインストールされたレジストリをエクスポートして仮想Ubuntu16.04にインポートすることで解決できました。

やり方はターミナルで、

$ wine regedit

と打ち込んでレジストリエディターを立ち上げ、上記画像のフォルダーに移動してインポートするだけです。

インポートするファイルはOneDriveにアップロードしましたのでそれをダウンロードしてご使用ください。
Wine上でメモ帳で開くと次のようなファイルです。

文字コードの関係でサイト上に貼ると文字化けしますのでOneDriveに上げました。
またUbuntuのgeditで開くと同様に文字化けが起こります。
ファイルを確認するには、ダウンロードしたfont.reg上で右クリックしてから、
別のアプリで開く → notepadとメモ帳で開きましょう。

$ wine notepad

とメモ帳を起動し、ファイルメニューから開くでもいいです。

AviUtlでGIFアニメーションにしてみました。

原因2

もう1点のNeroAacEnc.exeがダウンロードできていない問題ですが、これはここのリンクよりダウンロードできます。NeroAACCodec-1.5.1.zipを展開してwin32フォルダーにあるneroAacEnc.exeをaviutl100フォルダーにコピーします。

まとめ

以前に私がインストールした時には遭遇しなかった問題ですが、今は起こりますね。どういったことが関係しているのか今ひとつ不明ではあります。

でも今回の手順を踏めばUbuntu上でAviUtlのx264guiExエンコードができるようになります。
Ubutu18.04とWindows10のVirtualBox5.2.8のゲストUbuntu16.04.4で動作検証をしました。

動画の公開

なにかありましたらコメントでお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. linux初心者 より:

    続き。
    7. ” dotNetFx40_Full_x86_x64 “をwineで実行。(なんか、注意が出るがインストラー
    が動けばOK。)
    8. x264guiEXは2.10までok, x264は2851_x64までok (自分の環境です)これで64bitのx264がうごきます。
        長文失礼しました

    • 黒柴犬 より:

      コメントありがとうございます。
      Wineの64bit環境でも動作するんですね。
      お手数ですが、1.〜6.の手順を再投稿して頂ければ嬉しいです。

  2. linux初心者 より:

    1.〜6.書いたのに送信されてないw

  3. linux初心者 より:

    すみません。自分の回線が不安定です(汗)
    1. wineをソフトウエアセンターから普通にインストール。
    $ winecfg (wineの設定をwin XPにする)
    2. ” dotnetfx_cleanup_tool “なるものをネット検索して拾ってきます。
    3. ” cleanup_tool.exe “をwineで実行。※(NET Framework-All Versionsを選ぶ)
    4. wineのデフォルトで入っているdotnet40が削除されます(v4.0.30319だけ消えます)
    5. ” dotNetFx40_Full_x86_x64 “をMS公式や、winehqなどでダウンロードしてきます
      そして、上のコメントで7.にいきます。あれ?6.がない(笑)
     上手くいったならwineの設定はwin7に戻してもokです。

    • 黒柴犬 より:

      再投稿、お手数をお掛けしました。詳しい手順ありがとうございます。
      私も早速Ubuntu16.04で試してみた結果バッチリ動きました。
      とても参考になりました。有益な情報ありがとうございました。