メール送信サーバPostfixと受信サーバDovecotの設定

メール送信サーバ(SMTP)のPostfixと受信サーバ(IMAP)のDovecotの設定をわかりやすく備忘録的に書いておきます。私もよく分かっていません。でも取り敢えず使える環境には最低限しました。

メールサーバの設置で特にSMTPサーバは不正中継や悪意のある第三者の踏み台にされる恐れがありますので公開は極力自重します。

自サイトでinfo@ドメイン名とかmail@ドメイン名とか使えればなんかサイト管理者の雰囲気が出てカッコイイですよね?大概のレンタルサーバー業者はメールサービスをやっています。さくらもvps以外にはありますね。これは何を意味しているのか?私の想像ですが、レンタルサーバー利用者にメールサーバを設置させたくないという業者のいわば過剰な親切心ないし保身的な考え方ではないのかなぁ?だってその業者管理のIPで不正メールサーバがうようよしていたら評判に関係してきますよね。

それくらい真っ当なメールサーバの構築は難しいのです…?

いやいやそんなことはありません。普通のセキュリティのメールサーバは誰でも作れてしまうのです。ただ面倒なので皆様メールサービスを重宝しているのだと思っております。

具体的設定は次回にするとして、意外な盲点を一つ。

皆様プロバイダーのメール設定は当然したことあると思います。メールパスワードはサーバにある自アカウント、例えばsakuraのログインパスワードです。メールユーザ名はここではsakuraですね。SMTPやIMAPサーバ名は独自ドメイン名です。バーチャルドメイン機能を使えばメールアドレスをマルチドメイン化することもできますよ。

私の立てたメールサーバでは、メールクライアントとしてThunderbirdを使ってgmail yahoo exciteの自アカウントには問題なく送信できています。ただし、outlook.jpでは認証に証明がいるらしくリターンメールとして返ってきます。

この辺りを完璧にクリアーしたらいいのでしょうが、暇を見つけてやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク