【Ubuntu18.04】AviUtlで簡単にMP4出力【Wine】

スポンサーリンク

Ubuntu18.04リリース!

2018年4月26日にUbuntu18.04が正式にリリースされました。
皆さんはもう既にインストールしてみたでしょうか?

Wine上にAviUtlをインストールするまとめ

今回はUbuntu18.04のWine3.0上に動画編集ソフトAviUtlを導入する方法のまとめです。

動画の公開

早速ですが、AviUtl導入動画をアップロードしています。

動画中のコマンドメモ

以下動画中のコマンドをメモしていきます。
参照させて頂いたサイトは、
rigayaの日記兼メモ帳 「wine上のAviutl+x264guiExでエンコード」になります。ありがとうございました。

2018.5.12 追記

現状の最新WinetricksではPowerPointViewerへのリンクが切れているようです。
よってallfontsのインストールができません。
回避策としまして、以下の上から3番目のコマンドの替わりに

$ WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/wine32 winetricks baekmuk corefonts droid eufonts ipamona liberation lucida opensymbol takao uff unifont vlgothic wenquanyi

を実行してみて下さい。

2018.5.17 追記

次期バージョン?のWinetricksではallfontsコマンドのリンク切れが修正されています。
以下最新版Winetricksのインストール方法です。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks
$ chmod +x winetricks
$ sudo mv winetricks /usr/bin

確認は以下のコマンドでできます。

$ winetricks -V
20180513-next - sha256sum: c5438329b437e02416de6278346b5d0a8cb3d586415d069288fc85a300c9a02e

このようになっていればallfontsコマンドが使えます。

$ sudo apt-get install wine-stable winetricks
$ WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/wine32 winecfg
$ WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/wine32 winetricks allfonts
$ WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/wine32 winecfg
$ export WINEPREFIX=$HOME/wine32
$ export WINEARCH=win32
$ wine regedit
$ winetricks dotnet40
$ cd $HOME/wine32/drive_c/ProgramEx/x264guiEx_2.04
$ wine auo_setup
$ cd ..
$ cd aviutl100
$ wine aviutl

過去の関連記事

以前書きました次の記事も合わせてご覧ください。

Ubuntu18.04  Alpha 2のWine3.0.1でAviUtlのx264guiEx出力ができた!
Ubuntu16.04またはそれ以下のバージョンでは、私の次の記事をご参照ください。 Ubuntu18.04LTS...
VirtualBoxのゲストUbuntu16.04  Wine3.0上のAviUtlでx264guiExエンコードを可能にする方法
VirtualBoxのゲスト及び実環境のUbuntu16.04でも、Wine3.0上でAviUtlのx264guiExエンコード動作を確認しました。
【続】Wine上のAviUtlでx264guiEx 〜 Ubuntu16.04.4
前回の手法 で上手くいかない方向けの情報です。 その後 その後リリース前のUbuntu18.04でVirtualBox...

最後に

UbuntuやLinuxでもAviUtlを使ってみたいという方は是非チャレンジしてみてください。
上記の方法でUbuntu18.04の実環境とVirtualBoxの仮想ゲストで動作確認をしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク